車売りたい 傷

車売りたい!傷だらけだけど大丈夫?

 

車売りたいなと思っても、
いざ自分の車を見てみると傷だらけで、
とても高く売れるわけがないと
諦めてしまっていませんか。

 

傷があっても
車は売る事ができますので、
傷があっても心配する事はありません。

 

しかし、この傷ですが
ちょっとした事で
査定の金額が下がってしまう事が
ありますので、
気を付けましょう。

 

今回は、そんな傷のある車が
売れる理由と、
高く売るための注意点をご紹介します。

 

なぜ傷があっても売れるのか

 

そもそもどうして
傷があると売れないと
思われてしまうのでしょう。

 

確かに傷があると
査定の金額は下がります。

 

しかしA4の用紙サイズの傷で3万円、
A4以上の凹みで5万円と
一つのパネルに上限額が定められています。

 

ですので、ドアに大きな傷があっても
最大で5万円しか減額にはならないのです。

 

ですので、査定の標準額が50万円ある場合に
ドア4面に大きな傷があっても
トータルで最大20万円分しか減額にはなりません。

 

更に言えば、
傷に関しては年数によって
係数が決まっていますので
20万円に対して0.7などの
数字を掛けますので、
実際は減額は
もう少し小さくなるのです。

 

このことから、
傷があっても
買い取り業者に
売却することは
可能と言えるでしょう。

 

ですので、
傷があるからと
諦めるのは少し早いと言っていいでしょう。

 

傷がある場合にやってはいけない事

 

傷のある車を
売却する際に
やってはいけない事があります。

 

それは、傷があるからと
査定前に板金をしないという事です。

 

そんな事は無いだろうと
思われるかもしれませんが、
これは本当なのです。

 

例えば小さな傷がドアに数個あったとします。

 

査定をしてみると
2万円ほどの減額で
すんでいたかもしれません。

 

しかし、板金修理をしてしまうと、
傷の場所だけではなく
前後に渡ってボカシを入れるために、
ドアだけではなく、
フェンダーや前後のドアに
ボカシが掛かってしまします。

 

その結果塗装跡の減額で
3ブロックに渡り、
1ブロック1万円から2万円の
減額になってしまう事になってしまいます。

 

その結果、
合計で3万円から6万円の
減額になってしまいます。

 

元々は2万円の
減額ですんでいたのに
修理をしたことにより
減額が大きくなってしまう事が
実際にありますので
気を付けていただきたいのです。

 

傷があっても
修理すると修理代もかかりますので、
その分も勿体ないですよね。

 

ですので、
傷はそのままで
査定に出される事をお勧めします。

 

もしも、
今傷の入っている車を
見てがっかりされている方が
いらっしゃったら是非一度
買い取り査定を試してみてください。

 

意外と驚きの査定額が提示されるかもしれませんよ。