車売りたい 名義

名義が違う車を売りたい場合の手続きまとめ

 

結婚や離婚などで
車検証の名義と名字が変わってしまう事がありますよね。

 

このような場合、
名義変更をするのが当たり前ですが、
名義変更をせずに乗っている方もいらっしゃいますよね。

 

しかしいざ、買い取り業者に
車売りたいなと思った場合に、
名義が違うと通常より多くの書類が
必要になると知っていましたか。

 

今回はそんな、
現在の名前と名義が違う場合に
どのような手続きが必要なのかをまとめてみました。

 

移転抹消

 

名義が違う車を
抹消する手続きを
移転抹消と言います。

 

移転抹消とは、
名義の違う車を
一度名義変更して抹消する方法です。

 

この移転抹消には、
旧所有者の実印や印鑑証明、
譲渡証明書が必要になります。

 

勿論、新所有者に
名義変更をしますので、
新所有者の実印や印鑑証明も必要です。

 

この時に必要な印鑑証明は、
発行から3ヶ月以内の物を用意しましょう、

 

旧所有者の印鑑証明が取れない場合

 

しかし、所有者が死亡したり、
結婚や離婚等により
名字が変わっていて
印鑑証明が取得できないなんて事もありますよね。

 

そのような場合には、
死亡している場合には
死亡証明書を提出すると
廃車が可能です。

 

しかし、故人が車を
購入後直ぐに亡くなった場合に、
売却をする際には、
相続の手続きか必要になりますので、
故人の配偶者や子供の
印鑑証明書と実印が
必要になる事がありますので注意が必要です。

 

ちなみに車の評価額が
100万円以上の場合が
印鑑証明書や実印が必要です。

 

また、名字が変更になっている場合には、
戸籍抄本や除票などの、
現在の名字と車検証の名字との
関係性が分かるものが必要です。

 

因みに戸籍の抄本や除票などは
戸籍があった場所でしか取ることが
できない場合もありますので、
車を手放す際には前もって用意しておくと良いでしょう。

 

自分での手続きは面倒

 

全ての書類が揃っても
今度は陸運支局にて、
窓口を右往左往しなければなりません。

 

しかも、手続きに必要な
OCRシート等は
なかなか素人に作成しろ
と言われても抵抗がありますよね。

 

そう、結局面倒なのです。

 

しかし、そんな
面倒な手続きを
自分でしなくても
良い方法が存在します。

 

それは、
買い取り業者に売却する事です。

 

例えばディーラーに
依頼すると手数料が必要ですが、
買い取り業者に売却すると、
手数料も不要で面倒な手続きは
全て行ってくれますので、
皆さんは必要書類を揃えて
渡すだけで良いのです。

 

しかも、必要書類は
教えて貰えますので、
何が必要なのかを
自分で調べる必要もありません。

 

今もしも、
車売りたいな
と考えているけど
名義が違うからと
諦めてしまっている方は
一度相談してみてはいかがでしょうか。