車売りたい

車を売りたいから相場を知りたい!

 

自分の車売りたいと思われた際に、
自分の愛車の相場って
どうしても気になってしまいますよね。

 

相場さえ知っていれば、
絶対に高く売る事ができると
思っていませんか。

 

実はこの相場という物ほど
曖昧なものは無く、
更には情報源まで曖昧です。

 

ですので、
調べた相場が
実際より安かった
というケースも
起きてしまいます。

 

更には相場を知っているが故に、
相場同等の金額が提示されてしまうと、
納得して売却を決意してしまいそうです。

 

しかし、
少し待ってください、
その相場情報本当に大丈夫ですか。

 

情報操作がされたものでは
ありませんかと言いたいのです。


相場を知るが故の落とし穴

 

相場を知っているが故に、
一社の営業マンとしか交渉をしない
という方がいらっしゃいます。

 

しかしこの場合だと、
何をもって交渉をしますか。

 

相場の金額でしょうか、
それとも他の交渉材料でしょうか。

 

多くの場合交渉をしていると、
営業の方から
「いくらなら契約していただけますか」
と聞いてくる事もあります。

 

その時に相場の金額を言ってしまうと、
それ前後で間違いなく条件を提示してくれるでしょう。

 

しかし、
なぜそんなにすんなりと
条件が出たかと言う事です。

 

おそらく、
査定金額は相場よりも良かったのでしょうね。

 

さすがに買い取り業者も
商売をしていますので、
損をしてまで条件は出しません。

 

もし相場を知っていなかったら
もっと高く売る事が出来たかもしれません。


高く売るコツは相場じゃない

 

ここで重要なのが、
高く売るコツは
相場ではないという事です。

 

ではどのように
高く売ればよいのでしょうか。

 

相場を見ない限り高く売るには、
買い取り業者を競合させる事が大切なのです。

 

競合させる事で、
他社の金額を武器に金額の交渉ができます。

 

例えば、
営業マンの
「いくらくらいでの売却が理想でしょうか」
などの質問に対しても、
他社ではいくらだったからそれ以上の金額かなと交渉し、
提示された場合にも
一度断りもう1社に、
交渉をするという事もできますよね。

 

しかしこの方法には
少々面倒な面があります。

 

それは買い取り業者を
一軒一軒回らないといけないという事です。

 

そんなことをしていては、
交渉する前に疲れてしまいますし、
時間も勿体ないですよね。

 

そこでおすすめしたいのが、
一括査定という物です。

 

一括査定に申し込む事で、
買い取り業者を回らなくても、
競合させる事ができます。

 

更には、
出張査定をしてくれますので、
車を持っていかなくても良いというメリットもあり、
時間をかける必要もなく
競合によって高い金額での
買い取りをしてもらう事ができるのです。

 

一括査定なら、リクルートが運営する「カーセンサー」がおすすめです。
大手から中小買取店まで幅広く網羅しているので、
高く買い取ってくれるところが見つかりやすいです。
また、連絡をメールのみで済ませることもできます。

 

こちら→カーセンサー.net簡単ネット査定

 

無料なので、ぜひ試してみてください。


ローンが残ってる車を売りたい場合

 

ローンが残っているけど今の車売りたいなと
思う事ってありますよね。

 

基本的にローンが
残っている車は
手放す事ができないと
知っていましたか。

 

厳密に言うと、
売る事が出来ても、
所有権の解除ができない為に、
買い取ってもらえないのです。

 

しかし、実際には
買い取りはしてもらえます。

 

支払いがされない
可能性はありますが…。

 

と言うのも、
買い取り会社が
ユーザーに支払いをした後に、
クレジットの残債を
一括するという
保証が無い事が理由でしょう。

 

では、どうしたらクレジットが残った状態で
車を売る事ができるのでしょうか。

 

ローン会社と約款を交わす

 

一番無難な方法としては、
クレジット会社と
約款を交わす
という方法です。

 

これは少々
理由作りなどが面倒ですが、
これが一番確実です。

 

最後までしっかりと
支払いをするという約款を交わす事で、
クレジット会社から
所有権解除に必用な書類を
郵送してもらう事ができます。

 

所有権解除の書類が手に入るので、
買い取り業者に書類を渡す事ができ、
買い取り業者は、
書類が全て揃っているので、
名義変更ができます。

 

なので、買い取りの
代金を支払ってもらう事が
できるようになるのです。

 

しかし、クレジット会社によっては
約款を交わしてくれない
ところもありますので、
その場合はこの方法は使えません。

 

クレジット会社が約款を交わさない場合

 

クレジット会社が
約款を交わさない場合には、
基本的に所有権解除の
用紙が貰えないと思ってください。

 

その場合には
買い取り業者との
交渉の段階で、
車両の代金をクレジット会社に
直接振り込みをしてもらう
事ができるかどうかの
確認をしておく事が大切です。

 

そのうえで、
直接振り込みが可能であれば、
クレジット会社の
振り込み口座を確認しておきましょう。

 

買い取り業者からの直接の振り込みができない場合

 

買い取り業者が振り込みをしてくれない場合や、
残債と買い取り額が合わず
残債が無くならないようであれば、
下取りと言う方法を取ってみてはいかがでしょうか。

 

ディーラーの下取りは安いですが、
買い取り業者でも
新車の販売をしている事があります。

 

その様な場合には、
買い取り業者も
クレジット会社と
契約をしていますので、
買い取り業者から
新車を購入する前提であれば、
下取りとして買い取ってもらう
道が残っています。

 

次の車を購入するための
クレジットに
オーバーローンで
不足分を上乗せして、
クレジットの残債は
買取業者から
クレジット会社へ
振り込んでもらいましょう。

 

買い取り時には
無理でも下取りなら
話は別と言う事も多いようです。

 

ローンの残債があるからと諦めずに、
車を売って新しい車を手に入れていきましょう。

 

愛車の価値を調べてみる→カーセンサー.net簡単ネット査定

 

 


車検切れの車売りたい場合

 

ローンが残っている場合もそうですが、
車検切れの車でも売る事ができるのか心配ですよね。

 

車検切れの車売りたいけど
車検切れだから
買い取ってもれないかもと
思っているのは杞憂という物です。

 

そもそもなぜ車検が切れていると
売却できないと思ってしまうのでしょうか。

 

それは、
下取り査定時に
車検の残数によって
金額が変わってしまうというような
噂のせいではないでしょうか。

 

車検の残数で査定の金額はそれほど変わらない

 

車検の残数で
下取りの金額が
変わるかと言うと
確かに変わります。

 

しかし、
その差は大きくても
数千円程度です。

 

それもそのはず、
日本査定士協会の定めによると、
車の標準状態としての
査定の残数は3か月以上なのです。

 

ですから車検が3か月残っていても
1か月残っていてもほとんど変わりはありません。

 

査定額が変わらないにも関わらず、
車検切れの車は売れないと
思われるようになったのには、
一昔前の車の販売方法と言うか
下取り時の
売り文句に問題があるのかもしれません。

 

と言うのも、
少しでも下取りを安くし、
再販する事で多くの
利益を上げる事を
一昔前はやられていたように思います。

 

そこで、
ユーザー側の
下取り金額アップの交渉時におそらく、
車検が少ないから本当は下取りの金額は付かないが、
今回は特別に金額を付けた、
車検がもう少し残っていれば
もう少し高く下取りできたなどと、
いかにも車検が残っていないのが、
下取りが安い理由のような
言い回しをしていた事が原因でしょう。

 

しかし、実際は
前述した通り
車検残ではほとんどと言っていいほど
査定額は変わりません。

 

なぜほとんど変わらないのか

 

皆さんは、
車屋さんなどに
置かれた中古車で
車検が切れた物を
目にしたことはありませんか。

 

車検が切れていたら
車が売却できないのであれば、
車屋に中古車として車検切れの車が
置いてあることがおかしいですよね。

 

更に言えば、
車検が切れていたとしても、
車検を受けると乗る事ができるのですから、
車検切れでも再度乗る事は可能なのです。

 

更にその車検に掛かる経費という物は
基本的に、車屋などは負担しません。

 

例えば中古車の見積もりや契約書に
保安検査料などと言った項目があると思います。

 

もしかしたら、
そのような項目は設けず、
経費の中にこっそり
含まれているかもしれません。

 

そうです、
車検の費用という物は、
次に乗る方に上手く負担させられるのです。

 

ですので、
結論として、
車検切れでも車は売却できますし、
車検をしないとけないからその経費分査定が下がる
といった営業トークは
その場しのぎの可能性がありますね。

 

このように車検切れでも
売却できますので、
悩まずに売却しましょう。

 

カーセンサー.net簡単ネット査定